kai

記事一覧(57)

それでも今日も行き交う自動車を見て考えること。

今日もたくさんの車が走っている。保育園の会見を見た。胸が苦しかった。事件発覚後、おそらくメディアからの取材依頼や会見予定の問い合わせなどについての電話やメールが園に殺到し、あるいは取材陣が園を取り囲むなどして、子どもたちや保護者・地域にさらに甚大な負担・影響が及ぶと考えた結果、園が記者会見をするという判断をしたのではないかと思う。このタイミングでの会見について賛否があるのはとてもよくわかる。私も正視するのが本当につらかった。でもきっと、園の先生たちが、あの誠実な人々が、取り返しのつかない惨事に打ちひしがれながらも、あの園とそれに関わる大事な人々をさらなる混乱から守るために「今しよう」と決めたのだと思う。そのような経緯と決断があったと想像するから、「今必要だったのか」という紛糾の仕方は園の先生方をさらに消耗させてしまうような気がする。そしてメディア批判もわかるけど、今いちばん大切なのは「惨事を繰り返さないためには」という議論と行動だと思う。あの園の先生方が深い悲しみの中すぐに行動をしたように。ここ最近、子どもを巻き込む悲しい交通事故が多すぎて私はすっかり心が折れてしまった。それで2ヶ月前に車を手放すことにした。一生乗らないとかではないけれど、必要なときに借りればいいかなと今は考えている。手近にあるとあまり考えずに乗ってしまうから、今はそれをやめて、必要かどうかを考えて乗ることにしている。そうすることで、少なくとも自分がハンドルを握る車で事故を起こす確率は下げることができる。車を持つ人や毎日乗る人を責めるつもりは全くない。移動や流通など、私たちが直接間接に恩恵を受けていることは理解している。これはあくまでも、私個人の選択についての話だ。今日もたくさんの車が走っている。でもきっとみんな、いつもよりも「気をつけよう」って思って運転しているのだと思う。見た目ではわからないけど、もしかしたら「今日はやめとこう」と思って公共交通機関を使った人もいたのかもしれない。みんなが当事者として、それぞれが行う選択と行動が、その総体としての社会の変化につながるのだと思う。主語を「私」あるいは「私たち」に変えて、悲しみを繰り返さない社会にするための努力をしていけたらいいなと思う。

親離れと子離れについて、桜の時期に寄せて。

小学校の高学年や中学生の保護者の方と面談をすると「あの子私の言うことは聞かないんです…」「ちょっと言うとすぐ怒っちゃって…」「家では何も話さないから何を考えているかわからなくて…」「先生からガツンと言ってやってください...!!!」「昔はかわいかったんですよ先生ほらコレ(写真)…!!!」なんて話に、それはもうしょっちゅうなります。そして「ウチだけなのかしら…」「私の育て方が悪かったのかしら…」と、お子さんに手を焼く日々を自分の家庭に特殊な状況と考えて不安になり、悩まれる方も少なくありません。むしろとても多いです。「いやー、そんなことないですよ。さっきの面談のときのお母さんも昨日面談したお母さんもみーんな同じように嘆いてらっしゃいますから。そういうもんみたいです。私も覚えがありますよ」と事実をお伝えすると、それだけでも少し気持ちが楽になるみたいです。もちろん、「中学生になっても変わらずっとなかよし(^^)(^^)」という親子もありますが、やはり相対的には少ないと思います。ところで「思春期」という言葉があります。春という語を含むこの言葉、語源には諸説あるようです。春と聞いて連想する花といえばやはり桜。1本の桜の樹に咲く花はその1つ1つが別々の個体ですが、「満開」という言葉の通り、それらは示し合わせたかのように精確に、一斉に咲き乱れます。そして思春期・反抗期。子どもが中学生ぐらいの年齢にさしかかると、これもまた桜みたいに、示し合わせたかのように精確に一斉に発現し、親を困惑させます。春と花と人間の不思議な連関。桜の花が一斉に咲くように、いわば生物学的なプログラムによって、子による「親離れ」は予定通りに開始します。そして一方、(人間の)「子離れ」は生物学的にプログラムされたものではありません。その開始時期や様態・方法は完全に親の意志と選択に委ねられています。つまり子離れとは、親離れと違って「放っておいてもやってくる」という種類のものではなく、親の決意と選択が必要なものなのです。そんなわけで、・生物学的プログラムによって予定通り容赦なく始まる「親離れ」・意志と選択の有り様によって開始時期が変わる「子離れ」の間でタイミングのズレが生じて(多くの場合「親離れ」のプログラムが先にスタートしてしまって)戸惑う、ということが多いように思います。「親にとって子どもはいつまでも子ども」という言説は慈しみ深く美しいものですが、定刻通りにやってくる「親離れ」の時を親としてどのように迎えるかについての想像を鈍らせてしまうような一面もあるのかもしれません。でも、それでもやはり、「親にとって子どもはいつまでも子ども」という言葉は慈しみ深く美しい。と、今日もあるお母さんと話し思うのでした。