そろタッチの成果と子どもの学習習慣について

弊スクールキッズコースで提供しているそろタッチの紹介動画です。

iPadを使って珠算型暗算力を育成するeラーニングコンテンツ。

ピコピコと小気味よい音もぜひ聞いてください。


この動画はそろタッチを毎日(朝20分+夕10分)続けて10ヶ月が経過した幼稚園の年長さんの様子。2桁のたし算ひき算と九九がスラスラできるようになりました。


すごいでしょう。


何よりも大切なのは習慣化することです。


幼児・児童教育における習慣とは、家庭内の教育システムによってのみ形成されるものです。デジタル教材もアナログ教材も、習慣というOSがあってはじめて効果的に働きます。


そして子どもの習慣化の敵の1つは大人の「後回し」です。


スキマ時間で教育をやるのはいけません。

スキマ時間とは、「短い時間」という意味ではなく「偶発的な空き時間」という意味です。


みなさんお忙しいのですから、スキマのない状況はいくらでも生まれます。そして何度も「後回し」になって習慣化が遅れてしまうのです。


パパ、ママ。お忙しいのは重々承知しています。だからこそ1日のスケジュールの中でどの時間帯にサポートをすれば親子で無理なく学べるのか、きちんと考えて予め決めておいてください。


習慣を築き上げることができれば、学習効果は何倍にもなります。


幼児・児童のいるご家庭では「教えること」ではなくぜひ「習慣を築くこと」に注力してみてください。

スポンサードリンク

おすすめの書籍