冬の受験生からのFAQと私の回答

今年も一年、この小さなスクールへ多くの方に関心をお寄せいただき本当にありがとうございました。


来年もキッズコースと中学生コースの教務指導、そして「イルムアカデミア」や「ヤバい図工」などのイベントの両輪にさらに磨きをかけて豊かな学びを提供し、子どもたち全員の学力向上・志望校合格と「教育からギフトへ」の社会実装を目指す取り組みを続けていきます。引き続きよろしくお願い致します。


今年最後のエントリは「冬の受験生からのFAQ(よくある質問)と私の回答」をお届けします。


冬の受験生からのFAQと私の回答


受験生からの質問①

この時期は1日何時間勉強すればよいですか?


回答

学習時間ではなく学習内容と進捗の管理をしましょう。そして勉強時間よりも休憩時間を適正に管理する方が大切です。


受験生からの質問②

親が口うるさいです。どうしたらいいですか?


回答

現状を親のせいにする時点で受験生としてズレてます。


受験生からの質問③

音楽を聴きながら勉強してもいいですか?


回答

ググればすぐにメリットとデメリットが対立列挙されたページがいくつも見つかるはずです。これは「犬派VS猫派」とか「たけのこの里派VSきのこの山派」とかの論争と同じで、どちらがよいかという論争の決着には永遠の時間がかかります。あなたにその時間は無いので自分のポジションをとってさっさと勉強しましょう。

こういう相談をするのって、おそらくお家の方があなたが音楽を聴きながら勉強する姿に対して小言を言ってきているからなのではないですか?もしそうなのであればネットで調べ棒暗記したメリットだけをばーっと伝え、もし親がそれに対して「全員に同じ効果があるとは限らない」と反論してきたら「何事もそうだ」と言えばいい。そして最後に、あなたが本気で合格したいと思っているということをバシッと伝えてさっさと勉強に戻りましょう。全て手短に。本質的でなく時間のムダです。


受験生からの質問④

不安で不安で仕方がありません。


回答

おめでとうございます。あなたはちゃんとした受験生です。不安と慢心のどちらが燃料になるかは明らかでしょう。本番当日まで自信を持つ必要はありません。


受験生保護者からの質問

私にできることは何ですか?


回答

二人三脚はおすすめしません。転びやすいので。応援してあげてください。ただし干渉とまちがえないように。相手のやる気が向上すれば応援、低下すれば干渉です。「がんばってほしくて言った/した」は関係ありません。受け手の反応が全てです。


それでは皆さま良いお年をお迎えください。


株式会社LIFE/イルム元町スクール

代表 甲斐昌浩(カイマサヒロ)

イルム元町スクール | 横浜市中区元町の高校受験進学塾・キッズ学童スクール

フォローすると新着情報のお知らせや記事の更新の通知が届きます。